©2020 Amplify Asia Inc.

Service

社会が急速に変化し多様化している現在、機能的価値感情的価値だけでなく企業は社会的価値を示すことが求められています。「ダイバーシティ」は企業が示すべき社会的価値の中の大きなテーマであり、同質性を重視してきた日本において新しい価値創造が求められる重要なテーマです。

個人の可視化できるダイバーシティだけではなく、不可視のダイバーシティを見つめ、社内外のステークホルダーとの関係性を構築する重要性が増しています。

私たちは、企業と多様なステークホルダーとの最適な関係性から、新たな価値観を創造していくためのサービスを提供します。

また、日本の注力課題である「ダイバーシティ」をSDGs経営に取り入れるためのスキームを後押しします。

サービス概要

推進のPhaseごとに最終的なゴールである「社会的価値の創造」へ向けて、戦略ステージを視野にいれたコンサルティングやフィジビリティを重視したコミュニケーション施策の企画・実施を行います。Phase1~2は主にインターナル(社内)を中心に展開し、Phase3以降にインターナル(社内)&エクスターナル(社外)の連動した展開を行っていきます。インターナル(社内)とエクスターナル(社外)の取り組みが一貫していることが重要です。

サービス一覧

▪️コンサルティング

現状と課題を棚卸ししたうえで、推進Phaseに合わせ、ダイバーシティを起点とした社内コミュニケーションやキャンペーン、マーケティングやPR戦略立案のためのコンサルティングを行います。

▪️コミュニケーション施策の企画/実施

ダイバーシティを起点に社内外のコミュニケーション企画の立案・実施を行います。

-ダイバーシティを起点とした社内コミュニケーション、キャンペーン。マーケティング戦略のコンサルティング・戦略立案・実施

-その他、社内外広報の企画立案・実施

-社内ダイバーシティ推進の企画立案・実施

▪️研修&ワークショップ

ダイバーシティをテーマに企業の課題に応じて、研修やワークショップを実施します。

参加者と共に学び考え、参加者それぞれの視点から課題に対するヒントを探っていきます。

​–「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」研修

全ての人にある思い込み(アンコンシャス・バイアス)を理解し、アンコンシャス・バイアス がもたらすコミュニケーションへの影響を学べます。「アンコンシャス・バイアス×イノベーション」「アンコンシャス・バイアス×ダイバーシティコミュニケーション」など企業ニーズに応じて研修を実施します。

-「ダイバーシティ×コミュニケーションデザインのヒント〜」研修&ワークショップ

企業がダイバーシティをテーマにコミュニケーションを行う際に、重要な6つの視点から新しい価値創造に結びつけるヒントを学ぶことができます。